VOL.3 お厳しいのがお好き

キャンプでは、川魚をついて、枯れ木を拾い、火を焚き、食す。

海では素潜りで貝を採り、やすで突き刺し、タコを獲る。

滑り落ちそうな急な斜面でも、うまくバランスをとり、山菜を採ってくる。

しとめた鹿を持ち帰り(注釈:もちろん資格免許保持者です)

たたきから、ステーキ、赤ワイン煮込みと、
我が家では、一年中鹿肉ばかりを食したときもあった。


還暦となる今も、1000ccのバイクにまたがり、

野性的なことが大好きな夫は、

サバイバーである。


無人島でも生き残れるタイプである。


厳しい環境でこそ、力が発揮できるタイプである。


だから、

   

ぬくぬくとした環境をあたえてはいけない。

   

絶対に、甘やかしてはい~け~な~い~。

   


「厳しい環境こそがあんたの個性を光らせるんやで~~、へへへ~っ」と、

   

悪態づく私と出会って、30年。

   

そう、

   

夫が選んだパートナーも、

   

やはりお厳しいタイプの女であった。笑