VOL.4 マジック鱗のへび女

「うぎゃー!」

   

走って逃げようとする細い手首を、握りしめて離さない。

  

思う存分泣かせてから、やっと手首を開放すると、一目散に家に走る幼い妹。

  

追いかけてたどり着くと、決まって父から大叱責をうける。

  

実家のすぐ横には、小さい山といってもよいほどの大きな公園があり、

毎日のように遊びに出かけた。

  

ブランコやすべり台だけでは物足りず、新しい遊びを発掘せねばと、

少し薄暗い道の脇で、低い声でこう脅かす。

  

「おねえちゃんは、ホンマはへび女やねんでぇ~。」

  

袖をまくり、

  

腕にはあらかじめ仕込んでおいた鱗の落書き。

  

なんともしょうもない遊びであったが、小さい妹には、効果てきめん。

  

いつもの大叱責をうけながらも、何回かは、しつこく繰り返した覚えがある。

  

あれから数十年、

  

今、妹は弊社の経理すべてを担い、なくてはならない存在である。

  

私が独立してからずっと、縁の下の力持ちとして、

  

最大に尽力してくれている。

  

もしも今、妹のサポートがなくなれば、

  

今度はマジック鱗のへび女が、途方に暮れて撃沈し、

   

「うぎゃー!」と叫ぶ番である。