Vol.5 行かないで 夕日

家の前の道路で、毎日のようにバドミントンをしていた小学生の頃。

   

その頃の我が家の夕食は、決まって18時頃だった。

   

階段をのぼって玄関がある家の庭先から、

母が手招きをする。

   

オレンジ色に染まる夕日と母の手招きは、

私と妹にとって夕食の合図。

   

バドミントンと夕日と、 

一緒に思い出すのは、

大好きだった

鮭のフライとキャベツの千切り。

   

今でも、あたたかく、

せつないオレンジ色の夕日をみると、

   

手招きする母の面影が、

うかんでは消える。

   

   

行かないで 夕日 と、

少女だった頃を思い出す。

   

行かないで 夕日 と、

   

なぜだか 少しだけ、

   

心の中で

   

泣きたくなる。