VOL.6 スリムでぶ厚い彼女

はじめて会った時は、いかにもツンデレ美大生らしいいでたちであった。

   

ある人の紹介で、私が開催しているプロフェッショナルコースを受講希望だという。

   

その後、こんなにも長い間、一緒に仕事をすることになろうとは、

たぶん二人とも想像していなかっただろう。

   

私の言葉足らずの構想やイメージを、ピピっと感じとることに、

とにかく、長けている人である。

   

休憩につまむお菓子を「なんでもいいから、買ってきて~。」と、お願いすると

「なんでもいいって言われるのが、一番むずかしいですやんか~。」

と、言いながら、

絶対はずしたものを買ってきたことがない。

   

すごい…。

   

昨年で一旦終了したオリジナルのDMは、

彼女なしでは決して続けられなかったことの一つだ。

   

彼女がまだ独身だったころは、深夜にまで及んで、

共に仕事をすることが多かった。

   

二人で「あーでもない、こーでもない。」と意見を交わしながら、

様々なことに挑んできた。

   

今の小社を存続してこられたのは、

彼女の尽力があってこそ。

   

今となっては上下の関係ではない。

   

完璧に、同志である。

   

近頃は、まったりと怒られることも多くなり、

私より私の仕事の仕方や癖を、熟知している節がある。

   

数年前第一子を身ごもり、

お腹が大きくなった彼女は、

私が担当する講演に同行した。

   

「先生、すみません。今日はアシスタントとしての動きが悪くて。」

   

その帰り道、そういう彼女に、

身重な時こそ、庇護を求めることが多いのにも関わらず、

仕事人気質全開の男前すぎるその言葉に、

頭が下がる思いであった。

   

そんな彼女も今は二人の子供に恵まれ、日々奮闘しているが、

私にとって、オーヴルにとって、

なくてはならない存在であるのには変わりない。

   

私よりもはるかに少ないであろう体脂肪で、

昔と変わらないスリムな人であるが、

その懐はふっくらと、ぶ厚い。

   

出会ってから17年、

   

その懐に甘えすぎないよう、

   

これからも同志とした関係でいたいと、

   

切に願う私である。