VOL.7 決まらないウエストニッパーの夜

著名な映画監督の住処であったそうな

住宅街の片隅にある

なんとも艶めかしいバー。

   

ちょっとリスキーな人ばかりが集まるそのバーは、

その当時、仕事帰りに立ち寄るには、

最高の場所であった。

   

恋が始まりそうな予感を感じるある日の夜、

少しでも自分をよく見せようと、

タイトなウエストニッパーを着けて、

イケてる感じのカメラマン(…だったと思う)とのデート。

   

興奮と、緊張と、

飲みすぎたアルコールのせいで、

案の定たいそう気分が悪くなった。

   

薄暗い階段をのぼってすぐのトイレで、

「もうあかん~。」と、

はずしたウエストニッパーには

バネのようなものがついていて、

なかなかうまく折りたためない。

   

あせりながら小さいバッグに、

ギュギュっと

無理矢理しまい込む。

   

いい感じに盛り上がり、

次の場所へとバーをでたとたん、

なんと~!

我慢できずに大失態をおかしてしまった。

   

はずかしい~。

申し訳ない~。

けれど、どうすることもで~き~な~い~!!!

   

 月がキレイな深夜の道の片隅で、

まさかの事態にうろたえながら、

仕方なしに私の背中をさする彼。

   

介抱されながら、

今度は上からだけでなく下からも、

「ぶっ、ぶっ、ぶ~~~っ」と、容赦なく夜空に響いた濁音。

(注釈:もちろん音だけです)

   

人は力むといろんなところから、

我慢できない音がでる…。

   

上からと下からの

絶妙なハーモニーとともに、

過ぎ去っていったひとときの恋。

   

今となっては、

その彼の、

顔も名前すらも思い出せない…。

   

けれど、

   

鮮明に覚えているのは、

上からも下からもの大失態にもかかわらず、

   

「今夜は、決めるはずやったのに~(何をやねん!)」

   

と思う29歳の自分が、かなり肉食系だったこと…(笑)

 
そんな自分を

なつかしく思うアラカンの今は、

もちろんさっぱりポン酢系です。

   

えへっ。