VOL.8 癖があるほど、なお愛し

今までどれほどの人の前で教壇にたっただろう。

教える仕事をはじめてから、

かれこれ37年ほどの月日がたち、

講演だと多いときは200名近く、

教室だと10名から30名ほどの人の前で、

美容のノウハウを伝授してきた。

   

しっかり数えたことはなかったが、

おそらく優に、

一万人は超えるだろう。

   

大人の女性や社会人が対象の場合もあるが、

その半分は18~19歳の大学生や専門学校生。

   

そんななかでも、今でも思い出に残るのは、

癖の強い生徒ばかり。

   

少々問題があったり、反抗的だったり、

強がっている生徒にばかり、

なぜだか妙に惹かれる自分がいて、

金八先生のようにはいかないが、

「必ずや、授業に興味をもたせてやるぞ~。」と、

毎回、必死に挑んでいた。

   

初回の授業では、

「どうしてこの学校に来たのか」という動機を尋ねるのが十八番だが、

その生徒は、

まったくやる気が感じられない態度全開で、

「阪急電車にのってきましたーーーーー。」

と太々しく言い放った。

   

「なかなかウイットに富んだ事、

言うやんか。

〇〇さんはシャイな人なんやね、

可愛いね。」

と返すと、

その生徒は不意をつかれたように、

ちょっとうつむいて、はにかんだ。

   

18歳だった彼女も、今は48歳の十分に大人の女性。

もう何十年も会っていないが、

SNSを通して送ってくるメッセージは、

今でもあの時のシャイさがじんわりとにじんでいて、

   

私にとっては、

   

やっぱり、

   

可愛い人のままである。