VOL.1 二人のオードリー

 

メイクアップ&ヘアスタイリング部門で

2度のアカデミー賞を獲得したカズ・ヒロが

映画の世界にとどまらず

現代美術家として活動しているドキュメント番組が放映された。

世界に大きな影響を与えた人物をモチーフに

立体的でリアルな顔のアート作品を制作しているのだが

血管やしわの一本一本

肌のキメから毛穴まで

細部にわたって再現された“顔”の像は

うなるほど素晴らしい。

そんな彼が

『ローマの休日』で世界中をとりこにした時の若き顔と

ユニセフ親善大使となり

飢餓の子どもたちを救うことに尽力した晩年の老いた顔の

ハリウッド女優

オードリー・ヘプバーンを制作していた。

その作品を発表した場でのこと

訪れた人々は

若き日のオードリーよりも

老いたオードリーの顔の前で思いを馳せ

長い時間佇んでいたそうだ。

ゲストの一人であった

世界的に著名な女優が

インタビューにこたえていた。

 

「不思議ね。

若き日のオードリーは完璧なほど美しいのに

なぜか

老いたオードリーの前に立つと

動くことができなくなるのよ。」


人の顔にはその人の人生が映っている。

どのように生きてきたのか

その生きざまを十分にかもしだす。


そして

それが魅力につながる顔になりたいものである。

年をとるのは

決して悪くない。

そして

こわくない。


私もアラ環と言われる世代になった。

これからも決して抗わず

前をみて

「今の顔」と共に 

生きていくのだ。